大きな病院のある都心―都内の求人募集サイトを徹底比較!

HOME   >   大きな病院のある都心

大きな病院のある都心

高度な医療に触れる

朝食をとる女性東京で働くことのメリットの一つは、大学病院や設備の整った大きな総合病院があることです。例えば、ビジネスマンの多い新宿区、港区、千代田区などには医療系大学の附属病院があります。中央区、墨田区には国公立の大きな病院があります。


こういった施設では、診療科目も多くより専門的な分野に分けられています。多くの患者さんや医療関係者の中で、働くことにもなります。



薬剤師としては、比較的高い技術力や知識が求められますが、珍しい臨床例や最新の設備にふれることができます。新薬に関する情報も入手しやすいこともあります。


チーム医療では、医師、看護婦、介護士、栄養士など同じ医療に携わる関係者との連携が重要になります。薬剤師としての使命感はより、大きくなります。患者さんにとっても、薬剤師として信頼できる人物でなければ、負担の多い治療を受け入れてもらうことはできません。


仕事の内容によっては、高年収を得るチャンスもありますが、それ以上に経験や職場環境の面で、地方には無い刺激を受けることでしょう。

仕事以外のメリット

私生活面では、芸術や芸能、学術の分野でも流行をいち早く見ることができます。洋服や化粧品といったファッションに関するショップも多いので、人の流れも賑やかに感じます。
ただし、実際に都心で生活するには、土地が高く、都内でも中心部から少し離れたところ、あるいは南関東に住む人が多いです。

 

そのため、「朝の通勤ラッシュがつらい」「通勤に1時間以上かかってしまう」ということが、仕事をする上でストレスになってしまうこともあるようです。特に地方出身者の場合、都心に住むというよりも、
都心へ働きに出るという選択肢を選んでいる人が多い傾向があります。


環境豊かな町で過ごす

TOPページ