薬剤師の仕事―都内の求人募集サイトを徹底比較!

HOME   >   薬剤師の仕事

薬剤師の仕事

薬剤師の基本的な仕事

薬剤師とは、国家資格です。医師の処方箋に基づいて調剤をし、患者さんへ提供します。また、医薬品を製造販売する企業でも薬剤師は必要になります。小売店が一般の医薬品を販売する際にも薬剤師がいなければなりません。


薬剤師の最も代用的な仕事が調剤ですが、患者さんの薬の管理、相談にものります。
例えば患者さんは、複数の薬を服用している場合があります。併用している薬との相互作用や副作用に関すること、患者さんの薬の履歴、アレルギーのあるなし、体質、嗜好など、患者さんの体調に合わせた薬の提供や患者さん側からの疑問点を適切に解消することも必要な役目です。

 

薬が苦手な方、飲みにくいと感じる方など、患者さん一人一人に合わせた服用指導や健康相談も薬剤師が応じます。

医薬分業になって

秋葉原のガード下医薬分業が進み、病院で処方箋を出し、院外の病院で薬を受け取ることが一般的になってきました。大きな病院の周りには、調剤薬局が何件も並び、小さなクリニックの隣にも必ず薬局が存在するほど、薬局の数は増えました。

一方、全国チェーンのドラックストアが調剤薬局を併用して常勤の薬剤師を置くようにもなりました。規制緩和や新薬の開発で、取り扱う薬品の種類も増えています。


また今後は、高齢化の時代になり、在宅医療を希望する患者さんも増えています。薬剤師も医師や看護師、介護関係者と連携を取り、地域医療を支える役割を持っています。


高齢になり、寝たきりになれば、服用する薬の種類や量も次第に増えていきます。大勢の患者さんを相手にするだけでなく、患者さん一人一人と向き合う。そういったニーズが増えています。
働く環境により、薬剤師に求められることも変化していくのです。


薬剤師の就職環境

TOPページ