企業での活躍場所―都内の求人募集サイトを徹底比較!

HOME   >   企業での活躍場所

企業での活躍場所

増加するドラックストア

ドラックストアでは、OTC(オーバーザカウンターの略)と呼ばれる大衆薬・市販薬だけではなく、サプリメント、日用品、化粧品、介護用品、雑貨、菓子類など様々な生活用品を販売しています。

高齢やから小さなお子様連れまで、様々な方がお店に訪れます。また、いろいろな種類の商品があるので、利用する目的も薬の購入だけに限らず様々です。例えば、お菓子を置いている場所を聞かれたり、レジを打ったり、商品の補充をしたり、販売員としての一面を持つことになります。

薬剤師としての服用指導や健康相談はもちろんですが、まずは「接客が好き」という気持ちが大切な仕事です。また、調剤薬局を併用しているドラックストアもあります。

ドラックストアは、全国各地にあります。全国規模の企業もあれば、地方や周辺地域に特化したところもあります。駅周辺やショッピングモールなど、人の集まるところで店舗を目にします。最近では、逆に大型ドラックストアができると、そこに人が集まるようです。住宅地や大きな道路のそばに店舗ができる場合が多く、利便性は特に良いです。そのため、一番生活に密着した薬局といえるかもしれません。

薬を紹介する仕事

MRは、医学情報担当者といい、製薬会社に属し、自社の医薬品情報を医師などの医療従事者へ提供します。また、副作用についての情報を収集することも主な業務です。駅の改札

一般の営業と異なり、製品の販売ではなく、薬の情報提供・情報収集活動が専門になります。国内の医療メーカーだけではなく、外資系企業もあります。

薬を安全に、かつ必要な人に必要な物を提供できるための重要な仕事です。そのため、医師などの医療関係者とのお付き合いも深くなります。
MRは文系理系問わず、企業に採用されればなれます。「MR認定試験」もありますが、必ず必要な資格でもありません。しかし、薬に関する知識の点では薬剤師の資格はやや有利に働く傾向があります。


高度な力を要求される職種

TOPページ