薬剤師の活躍場所―都内の求人募集サイトを徹底比較!

HOME   >   薬剤師の活躍場所

薬剤師の活躍場所

病院と調剤薬局

東京の道路病院、特に入院設備を持つ大きな病院の薬剤師は、主な仕事が入院患者さんの薬剤の管理になります。 医師などの病棟関係者、入院患者さんと関わる機会が増え、いろいろな症例を身近に感じることになります。病院内の勉強会や研修会では、自分を磨くことが可能になります。


病院の種類も一般病院だけではなく、長期療養型、回復期の施設、精神科など専門の病院もあります。そういった専門の病院では、薬剤師が
ある特定の分野について深い知識を要求されることにもなります。複数の薬を併用する場合もあるので、患者さんの薬剤の管理は特に重要といえます。


調剤薬局では、外来患者さんの在宅における薬剤の管理になります。単なる薬の販売店ではなく、医師からの処方をもとに「調剤」という医療を提供します。 薬の知識を地域に住む患者さんのために役立てることができるので、まさに近所の「かかりつけ薬局」です。

管理薬剤師とは

薬局の店内に、管理薬剤師名称で責任者名が掲示されているのを見ることがあります。
管理薬剤師は、薬剤師の中から任命することになります。薬事法では、拠点ごとに一人の責任者を置くことが義務付けられています。薬を扱う人や場所を管理し、監督する仕事になります。


管理薬剤師になるのに試験や資格はありませんが、実際に仕事を行う上では、実務の経験も必要となります。ただし、単に薬や法律に関する知識が豊富であるという理由だけでは、周りに人はついてきません。


人や場所を管理する能力、患者さんだけではなく、一緒に働く仲間からも信頼感のあるような人としての魅力も不可欠です。職場やその現場をまとめあげ、導いていく力が必要です。


企業での活躍場所

TOPページ