薬剤師としての心得―都内の求人募集サイトを徹底比較!

HOME   >   薬剤師としての心得

薬剤師としての心得

薬剤師らしい身だしなみが求められる

例えば、患者さんにお薬の説明をする時、どのような服装で話をしますか?白い白衣を着て、身なりを整え、患者さんに接しますよね。


薬剤師の仕事において、身だしなみはとても大切です。清潔感があり、きちんと整った格好をしていることで患者さん側も信頼し、安心して薬を受け取ってくれます。白衣が汚れていたり、乱れていては、逆に患者さんに不安感を与えてしまいます。華美なアクセサリーや髪型でも不快感を持ちます。


薬剤師は、医療関係者の一員です。医師の処方をもとに調剤という医療に携わるのですから、ふさわしい服装や身だしなみがあります。勤務場所が病院の薬局でもドラックストアでも、患者さんやお客さんという「人」と接する仕事です。安心感、清潔感はとても大切です。

患者さんへの配慮

空撮した東京薬の順番を待つ患者さんの中には、体調のすぐれない方もいます。また、長い待ち時間のためにイライラしてしまう方、小さなお子さんを連れて待たれる方など、いろいろな方と接することになります。

気配りを忘れずに、言葉遣いや声の大きさ、表情にも気を付けましょう。もちろん、患者さんのプライバシーを守ることは一番大切です。


転職活動中においても、身だしなみや言葉遣い、マナーに関することは、とても大切です。自分で意識をしていても、つい普段の立ち振る舞いが自然に表れてしまうものです。


薬剤師としての知識が豊富でも、実際の態度に謙虚さや社会人・薬剤師としての常識が見られなければ、マイナス印象のみが残ってしまいます。声の大きさや話し方一つでも、自信のなさやあるいは傲慢さは、不思議なことに出てしまいます。見られている意識を持ち、面接に臨んでください。


薬剤師の仕事

TOPページ