求人サイトの仕組み―都内の求人募集サイトを徹底比較!

HOME   >   求人サイトの仕組み

求人サイトの仕組み

薬剤師求人の特徴

薬剤師薬剤師の職場は、医薬分業が進んだことにより、総合病院・大学病院だけではなく、専門病院、調剤薬局、在宅医療と働く場所も多様化しています。


薬の販売や調剤については、身近なところでは、全国展開をする大型のドラックストアや調剤薬局も誕生し、薬剤師の需要が増えてきています。大手のショッピングセンターの中で販売している薬局もあります。市販薬といわれる薬にも、新薬がいくつも登場し、薬剤師がいなければ販売できない商品が増えてきました。


一方、研究開発のためや薬剤の管理、新薬に関する営業などで薬剤師を採用したい企業も数多く存在しています。薬剤師が専門職として活躍できる職場が広がりを見せています。

「非公開求人」の存在

そこで、ポイントとなるのは、求人数の大部分が表に出ていない「非公開求人」なのです。
薬剤師は、人間の生命に関わる仕事を担っているので、信頼できる人だけを採用したいために、あえて大手の人材派遣会社などを介し、人から人への紹介に頼る部分があるのです。


また高収入の募集など人気の高い求人ほど、応募者が殺到しないように「非公開」としている場合もあります。誰でも良いのではなく、求める条件に合う人だけを紹介して欲しいという要望が病院・企業側からあるためです。採用する側も書類選考や面接など採用に割ける時間は限られています。
なるべく効率よく適切な人材を見つけたいという思いがあります。


「非公開」になっている求人の中に、自分の希望する求人があるかもしれません。見えない求人に出会うためにも、まず各社の求人サイトを利用しながら、求職活動をしていきましょう。


どうして無料なのか

TOPページ